当サイトの記事には広告が含まれます。広告について

ヒルスコーヒーはまずい?評判は?ソムリエがおすすめ商品をレビュー!

4.0
ヒルスコーヒー アイキャッチコーヒー豆

300種類以上のコーヒーを購入してきた、現役カフェ店員の”もと”(@Cafemototen)です。

検索で「ヒルスコーヒーまずい」と出てきたけど本当…?

評判や口コミは?
おすすめの商品は?

そんな方に向け「ヒルスコーヒー」について、以下の点を中心に紹介します。

  1. ネット上の口コミ・評判
  2. コーヒーの評価・レビュー
  3. おいしい淹れ方

珈琲ソムリエが実際に購入して、味などに対し正直にレビュー。

ヒルスコーヒーはカルディで見かけ、種類の多さに興味を持ち購入してみました。

「海外感の強いパッケージで品質が悪そう…」と思っていましたが、コスパの良い良質なブランドでした。

本記事のまとめ

  • ヒルスコーヒーはまずくない!ブレンドが飲みやすくて美味しい
  • 「お得で美味しい」と高評価な口コミ。
  • 大容量な缶タイプが、毎日コーヒーを飲む方におすすめ。
"もと"

日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ
・現役カフェ店員
・元カフェ店長
・カフェオーナー経営士
・カフェ専門学校卒業

“もと”をフォローする

ヒルスコーヒー 評判・口コミ

ヒルスコーヒー 評判・口コミ

ネット上にあるヒルスコーヒーの評判や、口コミをまとめました。

悪い口コミは特にありませんでしたが、「豆での販売がない」との声は見られます。

ただ、「安くて美味しい」との良い口コミの方が多く、満足度は高いようです。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 安くて美味しい。
  • 飲みやすい味わい。
  • リピーターが多い。
  • 豆状態の販売がない。

たしかにネット通販で調べても、豆状態での販売は見つかりませんでした。

粉状態の販売がメインみたいだ!

口コミ通り全体的に飲みやすい印象で、ブレンドすることによる味のまとまりを感じました

人気の缶タイプ商品はAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング星4以上の高評価

ヒルスコーヒーはまずくない!
実際に飲みましたが美味しかったです!

目次に戻る

ヒルスコーヒー おすすめコーヒーのレビュー

ヒルスコーヒー ブレンド

ヒルスコーヒーの人気ブレンドを、実際に飲んでみた感想について紹介します。

どのブレンドも調和がとれており、えぐみや雑味は感じません。

日本人にぴったりな味のブレンドばかりでした!

コーヒーヒルスコーヒー エキストラブレンドエキストラブレンドヒルスコーヒー クラシカルブレンドクラシカルブレンドヒルスコーヒー リッチブレンドリッチブレンドヒルスコーヒー マイルドブレンドマイルドブレンド
商品タイプ缶タイプ缶タイプ袋タイプ袋タイプ
生産国ブラジル
グアテマラ他
エチオピア
インドネシア
ベトナム
ブラジル
インドネシア
ブラジル他
1杯単価
(10g計算)
約23円約62円約14円約12円
特徴香ばしい苦味
優しい甘み
軽い口当たり
爽やかな酸味
深いコク
優しい苦味
バランス良い味わい
まろやかなコク
おすすめな人苦味が好きな人
濃い味が好きな人
酸味が好きな人
ブラックで飲む人
苦味が好きな人
砂糖やミルクを入れる人
甘みが好きな人
レビュー詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
ヒルスコーヒー 人気ブレンド4種

⇒ヒルスコーヒーのおすすめな淹れ方へ飛ぶ。

エキストラブレンド

エキストラブレンド

生産国:ブラジル、グアテマラ他

挽き方:中細挽き

1杯単価:約23円

エキストラブレンド
苦味
8
酸味
6
香り
8
甘み
7
コク
8

伝統のマイルドテイストを生かし、味わい深く仕上げたブレンド。

ナッツのような香ばしい風味と、ほろ苦さを感じる味わいでした。

ロースト感ある苦味と甘みが舌に残って、深い余韻を長く楽しめます。

甘いスイーツと相性抜群のコーヒーです!

クラシカルブレンド

クラシカルブレンド

生産国:エチオピア、インドネシア

挽き方:中細挽き

1杯単価:約62円

クラシカルブレンド
苦味
8
酸味
6
香り
8
甘み
7
コク
8

世界で初めて真空缶詰コーヒーを発売した、「JABA&MOCHA」を現代風にアレンジしたブレンド。

軽い口当たりで、フルーティーな酸味を感じる味わいでした。

甘いフレッシュな香りと、まろやかなコクも特徴的です。

優しい甘みを前面に感じる、ほっとできるブレンド!

リッチブレンド

リッチブレンド

生産国:ベトナム、ブラジル

挽き方:中細挽き

1杯単価:約14円

リッチブレンド
苦味
8
酸味
6
香り
8
甘み
7
コク
8

豆の個性を最大限に引き出した、コク深い芳醇ほうじゅんな味わいのブレンド。

まろやかな口当たりに始まり、優しい苦味とコクがある味わいでした。

ロースト感ある香りと余韻が残るので、心地よいコーヒータイムが過ごせます。

ミルクや砂糖を入れたり、アイスにしたりするのがおすすめ!

マイルドブレンド

マイルドブレンド

生産国:インドネシア、ブラジル他

挽き方:中細挽き

1杯単価:約12円

マイルドブレンド
苦味
6
酸味
6
香り
7
甘み
8
コク
8

優しい口当たりと、甘いまろやかな味わいがあるブレンド。

とろみある舌触りで、ほのかな甘みとでコクで終わる味わいでした。

酸味と苦味のバランスが良く、誰でも飲みやすい仕上がり。

味に丸みがある印象で、ほっと一息つけるコーヒーだ!

目次に戻る

ヒルスコーヒー おすすめの淹れ方

ヒルスコーヒー おすすめの淹れ方

商品に書かれている説明を参考に、個人的においしいと感じた淹れ方を紹介。

淹れ方のレシピは、味が出やすい中細挽きになっているのを考慮しています。

ハンドドリップで淹れる方は、参考にしてもらえたら嬉しいです。

  • STEP①
    フィルターをドリッパーにセットし、コーヒー粉を12g入れ平らにならす。淹れ方①
  • STEP②
    お湯15gほどを粉全体にかかるよう優しく注ぎ、約20秒蒸らす。
    ※お湯の温度は約90度がおすすめ。淹れ方②
  • STEP③
    中心から「の」の字を描きながら、合計140gになるよう3回(1回約45g)に分けてお湯を注ぐ。
    淹れ方③淹れ方④
  • STEP④
    全てのコーヒーが落ち切る前に、ドリッパーを外して完成!
    ※全て落とし切ると雑味やえぐみの原因になります。淹れ方⑤

おいしく淹れるコツは量と時間を守ること!

目次に戻る

ヒルスコーヒー 特徴・こだわり

ヒルスコーヒー
引用元:ヒルスコーヒー公式サイト

ヒルスコーヒーは1878年にヒルス兄弟によって創られた、歴史あるコーヒーブランド。

コーヒー豆はもちろん、缶タイプやインスタントなど、様々な商品を取り扱っています。

ヒルスコーヒーの特徴や、こだわりは以下の通りです。

  • 1杯約12円からというお得な価格。
  • 味と香りを損なう酸素の混入を防ぐ、真空状態のコーヒー缶。
  • 袋タイプの商品には、鮮度を保つためのアロマパックを採用。
  • 焙煎の速度と温度を正確に制御することができる、焙煎コントローラの開発。

品質を見るカップテスト法の確立や真空缶詰コーヒーの開発、焙煎技術の革新など、コーヒー業界を進展させた会社でもあります。

アラビア風の老人がトレードマークです!

ヒルスコーヒーはコーヒーマシン「キューリグ」にカプセルの提供もしており、本格的な味を自宅で楽しみたい方におすすめです

目次に戻る

ヒルスコーヒー メリット

ヒルスコーヒー メリット

ヒルスコーヒーを購入して感じた、メリットについて紹介します。

購入を考えている方の、参考になれば嬉しいです。

ヒルスコーヒー 3つのメリット
  • お得な価格。
  • 大容量な缶タイプ。
  • コーヒーミルが必要ない。

⇒ヒルスコーヒーのデメリットへ飛ぶ。

お得な価格

いろいろな場所で購入できるので前後はありますが、ヒルスコーヒーは全体的にお得な価格帯。

1杯当たり価格(10g計算)
ヒルスコーヒー
約12円~
コーヒー専門店
約50円~
スーパーなど
約10円~

市販の商品と変わらない価格ですが、クオリティは高くコスパが良い印象です。

悪い豆を使ってるから安いのでは?

色々な商品を飲みましたが、雑味がなく品質は高め!

大容量な缶タイプ

ヒルスコーヒー 缶タイプ

缶タイプであるエキストラブレンドは、822g(約82杯分)という大容量な商品です。

毎日コーヒーを飲む方や、ご家族で一緒に飲む方にはおすすめのブランド。

缶をそのまま容器として使えるので、大きな容器を用意しなくていいのも嬉しい点です。

おしゃれな缶は入れ物として使えます!

500円玉貯金の缶として使ってるぞ!

コーヒーミルが必要ない

ヒルスコーヒーは粉状態の販売なため、豆を挽くコーヒーミルが必要ありません

豆から淹れる機能のないコーヒーメーカーを持っている方には、嬉しい仕様となっています。

インスタントタイプの商品もあるので、とにかく楽して飲みたい方にはおすすめ。

熱を加えないフリーズドライ製法なので、味や香りが強いです!

目次に戻る

ヒルスコーヒー デメリット

ヒルスコーヒー デメリット

ヒルスコーヒーを購入して感じた、デメリットについても紹介します。

こちらも購入を考えている方の、参考になれば嬉しいです。

ヒルスコーヒー 2つのデメリット
  • 粉状態は劣化が早い。
  • 缶タイプは缶切りが必要。

粉状態は劣化が早い

メリットで粉状態であることを紹介しましたが、鮮度に関してはデメリットにもなります。

コーヒーは粉状態だと劣化が早まり、嫌なすっぱさが出てきてしまいます

鮮度を保つアロマパックなどの工夫がされていますが、開封したら約1ヶ月を目安に飲み切るようにしましょう。

密閉容器に移して冷凍保存すれば、劣化を抑えることができますよ!

密閉容器に移すのが面倒な方は、袋のまま保存できてお得な「珈琲きゃろっと」がおすすめです。

詳細初回限定53%オフ!1杯約36円のお得なコーヒー専門店「珈琲きゃろっと」

缶タイプは缶切りが必要

エキストラブレンド 缶タイプ

大容量なエキストラブレンドは、開封するのに缶切りが必要になります

自宅に缶切りがない方は、開けられないため注意が必要です。

ハサミやスプーンで代用できますが、怪我には注意してくださいね!

少量のクラシカルブレンドには、プルタブが付いているので、簡単に開けることができます。

クラシカルブレンド 缶タイプ

ネット購入する際は、種類を間違えないようにな!

目次に戻る

ヒルスコーヒーはまずくない!コスパの良いおすすめブランド!

ヒルスコーヒー まとめ

ここまでヒルスコーヒーを紹介しましたが、おすすめできる人と、できない人は以下の通りです。

こんな人にオススメ!
  • 毎日コーヒーを飲む方
  • 飲みやすいコーヒーをお探しの方
  • 家族など複数人で飲む方
  • オススメできない人
  • 豆状態で購入したい方
  • 高級なコーヒーをお探しの方
  • スーパーなどいろいろな場所で見かけますが、飲みやすいブレンドが多く、誰でもおすすめできる店舗です。

    口コミも高評価で、お得な価格帯となっているので、コーヒー好きな方は一度試してみてはいかがでしょうか。

    おしゃれな缶は色々な使い道があるので、ぜひ再利用してほしいと思います。

    物入れや貯金箱、植木鉢なんて使い方をしている方もいました!

    200種類以上の商品を購入してきた、珈琲ソムリエがおすすめするコーヒー豆7選はこちら!

    コーヒー豆の購入でお悩みの方に、ぜひ読んでほしい記事となっています。

    楽しいコーヒーライフを、”もと”(@Cafemototen)でした!

    目次に戻る

    コメント