最適なコーヒーを診断!「珈琲ナビ」をやってみる!

キャラバンコーヒーは美味しい?口コミは?珈琲ソムリエがおすすめを紹介!

4.5
キャラバンコーヒー アイキャッチコーヒー豆

珈琲を愛して10年、コーヒーソムリエの”もと”(@Cafemototen)です。

キャラバンコーヒーって美味しいの…?

評判や口コミは?

キャラバンコーヒーおすすめの商品は?

そんな方に向け「キャラバンコーヒー」について、以下の点を中心に紹介します。

  1. ネット上の口コミ・評判
  2. 好み別のおすすめ商品
  3. 人気ブレンドの評価・レビュー

珈琲ソムリエが実際に購入して、味などに対し正直にレビュー。

キャラバンコーヒーは東京の知人におすすめされ興味を持ち、ネット通販できたので購入しました。

本記事のまとめ

・キャラバンコーヒーは美味しい!高品質なコーヒーが楽しめる。
・「口に合わない」との声はあるが、「美味しい・飲みやすい」と高評価な口コミ。
・初めての購入なら、1番人気の「ゴールデンキャメル」がおすすめ

"もと"

・日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ
・元カフェ店長
・カフェオーナー経営士
・カフェ専門学校卒業

"もと"をフォローする

キャラバンコーヒー 口コミ・評判

キャラバンコーヒー 口コミ・評判

キャラバンコーヒーのネット上にある評判や、口コミをまとめました。

悪い口コミは少数ですが、「口に合わない」との声が見られます。

ただ、圧倒的に「美味しい・飲みやすい」との口コミが多く満足度は高め。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 美味しい。
  • 飲みやすい味わい。
  • ゴールデンキャメルが人気。
  • 口に合わない。

また、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでは星4以上の評価を獲得しています。

特にAmazonでは約50件を超えるレビュー数がある中、高評価を維持していました。

目次に戻る

キャラバンコーヒー 特徴・こだわり

キャラバンコーヒー

引用元:キャラバンコーヒー公式サイト

キャラバンコーヒーは、1928年に創業された歴史あるコーヒー専門店。

東京を中心とした実店の営業をはじめ、オンラインショップでの販売も行っています。

キャラバンコーヒーの特徴や、こだわりは以下の通りです。

  • 「直火式・半熱風式・熱風式」の焙煎機を持ち、豆ごとに最適な機器を使い焙煎を行う。
  • 不良豆(形の悪い豆)を取り除くため、産地と工場でのダブルチェック。
  • 焙煎された豆のサンプルを採取し、機械で数値化して見る品質検査。
  • 「味覚・臭覚・触覚」の3つに、欠点がないか確認するためカップテストを実施。

また、コーヒーの包材にはガス抜きのために「バルブ」が付いています。

バルブは内部の余分な酸素を逃がす役割があり、豆の劣化を防ぐ優れもの。

キャラバンコーヒー バルブ

どの商品にも、しっかりとガス抜きバルブが付いていました!

\公式イメージ動画/
目次に戻る

キャラバンコーヒー 好み別のおすすめ

キャラバンコーヒー おすすめ

キャラバンコーヒーの種類が多いコーヒーの中から、好み別のおすすめ商品を紹介。

好みの味わいから選び、失敗しない購入の手助けになれば嬉しいです。

選べない方や好みが分からない方は、1番人気の「ゴールデンキャメル」がおすすめ

苦味と酸味のバランスが良い、飲みやすい仕上がりだ!

目次に戻る

キャラバンコーヒー 人気ブレンドのレビュー

キャラバンコーヒー ブレンド

キャラバンコーヒーで販売数の多い人気ブレンドを、実際に飲んでみた感想について紹介。

おいしい淹れ方は後述しますが、「コーヒー粉10g・お湯140g」で抽出しました。

淹れている最中にコーヒー粉がしっかり膨らみ、良い香りが広がります。

キャラバンコーヒー コーヒードーム

各ブレンドの簡単な特徴は、以下の通りです。

キャラバンコーヒー 4種のブレンド
  1. ゴールデンキャメル
    …苦味と酸味のバランスが良い味わい。
  2. キャラバンブレンド
    …リンゴのような酸味と甘み。
  3. ロイヤルブレンド
    …果実の甘みと香ばしい苦味。
  4. リッチブレンド
  5. …軽い口当たりと甘いコク。

⇒詳しいコーヒーのレビューを飛ばす。

ゴールデンキャメル

ゴールデンキャメル

生産国:ホンジュラス、コロンビア他

焙煎度:中煎り

ゴールデンキャメル
苦味
7
酸味
6
香り
7
甘み
8
コク
8

40年間愛され続けてきた、キャラバンを代表するブレンドコーヒー。

苦味と酸味のバランスが良く、飲みやすい味わいでした。

また、まろやかな口当たりで、深いコクと甘みを感じる深い余韻が楽しめます。

ベリーのような酸味のあって、飽きがこない仕上がりでした!

目次に戻る

キャラバンブレンド

キャラバンブレンド

生産国:ブラジル、コロンビア他

焙煎度:浅煎り

キャラバンブレンド
苦味
8
酸味
6
香り
7
甘み
7
コク
8

毎日コーヒーを飲む方に、おすすめなキャラバンオリジナルブレンド。

林檎のような酸味と、ほどよい甘みでスッキリとした味わいでした。

また、爽やかながらも、強いコクがあって甘い余韻も感じられます。

明るい香り高さがあって、鼻でもコーヒーを楽しめるぞ!

目次に戻る

ロイヤルブレンド

ロイヤルブレンド

生産国:コロンビア、グアテマラ他

焙煎度:中深煎り

ロイヤルブレンド
苦味
8
酸味
6
香り
8
甘み
8
コク
8

2回の焙煎により、独特の風味を持った奥行きのあるブレンド。

果実のような甘みから始まり、香ばしい苦味に繋がる味わいでした。

キレのある後味で、強い苦味がありながら爽やかさを感じます。

甘いスイーツと一緒に飲みたいブレンドです!

目次に戻る

リッチブレンド

リッチブレンド

生産国:ブラジル、エチオピア他

挽き目:中挽き

リッチブレンド
苦味
7
酸味
6
香り
8
甘み
8
コク
9

しっかりと焙煎された切れ味の良い、苦味とコクのあるブレンド。

軽い口当たりに始まり、甘いコクある余韻が楽しめる味わいでした。

また、とろみある舌触りですが、後味にキレがあって爽やかさも感じます。

朝に飲みたいブレンドでした!

キャラバンコーヒー楽天市場支店
¥648 (2022/09/03 11:32時点 | 楽天市場調べ)
目次に戻る

キャラバンコーヒー 美味しい淹れ方

キャラバンコーヒー 美味しい淹れ方

商品説明を参考に、個人的においしいと感じた淹れ方を紹介します。

公式はコーヒー粉10gに対し、お湯140~160gを推奨していますが、試した結果140gの抽出がおすすめ

おいしく淹れるコツは、お湯と時間をしっかり量ることです!

杯数コーヒー粉量抽出量
1杯分10g140ml
2杯分20g280ml
3杯分30g420ml
  • STEP①
    フィルターをドリッパーにセットし、コーヒー粉を杯数分入れ平らにならす。
    ※コーヒー粉は中挽き程度がおすすめ。淹れ方①
  • STEP②
    粉全体にかかるよう、優しくお湯(1杯約20g)を注いで約30秒蒸らす。
    ※お湯の温度は約90℃がおすすめ。淹れ方②
  • STEP③
    粉の中心から500円玉ほどの円を描きながら、2回に分けて規定量までお湯を注ぐ。
    ※お湯が落ち切る前に次を注ぐイメージ。淹れ方③
  • STEP④
    全てのコーヒーが落ち切る前に、ドリッパーを外して完成!
    ※全て落とし切ると雑味やえぐみの原因になります。淹れ方④
目次に戻る

キャラバンコーヒー メリット・デメリット

キャラバンコーヒー メリット・デメリット

キャラバンコーヒーを飲んでみて感じた、メリット・デメリットは以下の通り。

メリット
デメリット
  • コーヒーの種類が豊富。
  • 飲みやすい味わい。
  • コスパの良い価格。
  • 少量や大容量セットはない。

200gの袋入り商品が多く、少量や大容量セットがないため、試飲やお得な購入はできません。

ただ、全体的にクセのない飲みやすい商品が多いうえ、種類も豊富で色々な味を飽きずに楽しめます。

価格帯は1杯約50円から始まり、コーヒー専門店の相場と同じくらいです。

コーヒー1杯単価(10g計算)
キャラバンコーヒー
約50円~
コーヒー専門店
約50円~
スーパーなど
約10円~

同じ価格帯の豆に比べ、高品質で新鮮さがあってコスパの良さを感じました。

キャラバンコーヒー コーヒー豆

豆の形のキレイで品質の良さが分かります!

目次に戻る

キャラバンコーヒーは美味しい!おすすめはゴールデンキャメル!

キャラバンコーヒー まとめ

キャラバンコーヒーを紹介してきましたが、おすすめできる人と、できない人は以下の通りです。

こんな人にオススメ!

・色々なコーヒーを試したい方
・飲みやすい味わいが好きな方
・ハンドドリップで淹れる方

オススメできない人

・安価なコーヒーをお探しの方
・大容量のコーヒーをお探しの方

キャラバンコーヒーの人気ブレンドを飲んだ結果、鮮度の良い飲みやすい味が楽しめて大満足でした。

また、全体的に香りも良い印象で、鼻でもコーヒーを味わうことができます。

初めて購入するなら、バランスが良くて飲みやすい「ゴールデンキャメル」がおすすめ

一番人気なのも納得なブレンドでした!

他店舗のコーヒー豆も見たい方は、厳選した店舗を比較している記事をご覧ください。

楽しいコーヒーライフを、”もと”(@Cafemototen)でした!

目次に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました