最適なコーヒーを診断!「珈琲ナビ」をやってみる!

コーヒーソムリエの勉強法は?独学から通信講座まで合格者が教材を紹介!

コーヒーソムリエ アイキャッチコーヒー豆

珈琲を愛して10年、コーヒーソムリエの”もと”(@Cafemototen)です。

コーヒーソムリエの資格を取りたいけど、何で勉強すればいいの?

どのくらい勉強いいの?

合格者の声が聞きたい!

そんな方に向け「コーヒーソムリエ資格」について、以下の点を中心に紹介します。

  1. コーヒーソムリエの難易度
  2. コーヒーソムリエの勉強方法
  3. 合格者おすすめの教材

実際に勉強をして、資格を取得したコーヒーソムリエが解説

私は通信講座を使って勉強し、約2カ月で資格試験を受験し合格しました。

本記事のまとめ

コーヒーソムリエは、コーヒー関連の資格では簡単な部類。
勉強が得意な方は、市販のコーヒー本でも合格可能。
勉強が苦手な方は、試験免除もある「諒設計の通信講座」がおすすめ。

コーヒーソムリエについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

"もと"

・日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ
・元カフェ店長
・カフェオーナー経営士
・カフェ専門学校卒業

"もと"をフォローする

コーヒーソムリエ 難易度・勉強時間

コーヒーソムリエ資格

コーヒーソムリエはコーヒー関連の資格中、比較的かんたんな部類に入ります。

コーヒーの基本的な知識が問われることが多く、独学で十分に合格できる初心者向きの資格

コーヒーソムリエの資格試験について、詳細は以下の通りです。

受験資格特になし
受験料10,000円(税込価格)
受験申請インターネットから申込み
受験方法在宅受験
問題数全20問
(記述10問/○X問題10)
試験時間45分
合格基準70点以上の評価
試験頻度・期間2カ月に1回 年6回
実施月の20日〜25日間

70点以上で合格だと難しそうに感じますが、半分が○X問題だったり、問題自体がシンプルだったりと難易度は低め。

コーヒーソムリエに関する評判を見ても、「簡単だった」という声が多くありました。

コーヒーソムリエ資格で問われる内容は、以下の通りです。

  • コーヒーの歴史
  • 豆どうしの相性
  • コーヒーの淹れ方
  • コーヒー豆の種類
  • ラテアート
  • 生豆の選び方
  • コーヒー豆の産地
  • 淹れ方と味の関係
  • 豆の違いによる焙煎
  • コーヒーカップの種類

また、勉強時間に関しては、約60時間もあれば合格できると思います

コーヒーソムリエ 資格認定証
カフェオーナー経営士 資格認定証

私は諒設計の通信講座で、1日1時間約2カ月の勉強で合格しました!

\コーヒーソムリエについて/
目次に戻る

コーヒーソムリエはカンニングできる?過去問は?

コーヒーソムリエ カンニング 過去問

コーヒーソムリエの資格試験は在宅で行うため、正直カンニングはできてしまいます。

ただ、知識を証明するための資格なので、カンニングは絶対にやめましょう

過去問に関しては公開をしておらず、指定の参考書などもありません。

どういった傾向の問題が出るのか知りたい方、資格合格のためだけのテキストが欲しい方などは、「諒設計の通信講座」がおすすめ。

カフェオーナー経営士という、開業に関する資格も同時に取れるぞ!

目次に戻る

コーヒーソムリエ 勉強方法

コーヒーソムリエ 勉強方法

コーヒーソムリエの勉強方法は、大きく分けて「通信講座・独学」と2つあります。

通信講座と独学の特徴を、比較すると以下の通り。

通信講座独学
価格の比較

価格が高め

通信講座は最低でも受講料が68,000円掛かってしまいます。
出費を抑えたい方はおすすめしない。

本の購入だけで済む

独学では勉強をするコーヒー本、約3,000円の出費だけで済みます。
勉強が得意な方におすすめ。
勉強方法の比較

テキストに沿って勉強できる

通信講座でテキストや問題集を使って勉強ができます。
勉強が苦手方におすすめ。

本を読みこむ

コーヒー関連の本を読み、知識をつけていきます。
試験問題の傾向はつかめない。
難易度の比較

かんたん

資格取得用の問題集に取り組めるため、問われる知識が把握できる。
講座によっては、卒業課題を提出することで試験免除もできる。

難しい

問われる知識が分からないため、通信講座と比較すると難しめ。
ただ、独学でも十分に合格可能な難易度。

また、コーヒーソムリエの通信講座では、「カフェオーナー経営士」の資格についても学ぶことになります

将来カフェなどの開業にも興味がある方は、同時に資格を取得しておいて損はありません。

自身の勉強に対して、重視するところから選んでいきましょう!

目次に戻る

コーヒーソムリエ 通信講座の内容

コーヒーソムリエ テキスト
カフェオーナー経営士 テキスト

コーヒーソムリエの「諒設計アーキテクトラーニング」による、通信講座について紹介します。

数ある講座の中で私も受講した、「カフェW資格取得講座」の基本講座がおすすめ。

「カフェW資格取得講座」の基本講座の内容は、以下の通りです。

内容受講証
受講マニュアル
完全攻略テキスト2冊
練習問題集・練習問題解答集
コーヒーソムリエチェックテスト50
カフェオーナー経営士チェックテスト50
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙・封筒
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数6回
税込価格68,000円
分割 3,200円×24回(初回4,192円)

試験免除ができる課題の付いたセットや、サイフォンが付いたセットもありますが、高額なためおすすめできません。

基本講座で十分合格は可能なので、できるだけ出費は抑えておきましょう。

コーヒーソムリエ 講座修了証

私は実際に「カフェW資格取得講座」の基本講座で資格を取りました!

\最短2カ月で取得可能/
/カフェオーナー経営士も同時取得\
こんな人にオススメ!

・勉強が苦手な方
・高額でも試験を免除したい方
・将来カフェなどの開業を目指す方

オススメできない人

・出費を抑えたい方
・コーヒーソムリエのみを取得したい方

\カフェW資格取得講座について/
目次に戻る

コーヒーソムリエ 独学おすすめの本

コーヒーソムリエは、市販のコーヒー本による独学でも合格できる資格です。

独学で合格を目指す方におすすめの本は、「田口護の珈琲大全」

コーヒー全体の知識が学べるうえ、豆の種類や焙煎、抽出方法などがイラスト付きで分かりやすい内容でした。

独学で合格を目指すなら、この本を読みこんで知識をつけておきましょう。

こんな人にオススメ!

・出費を抑えたい方
・勉強が得意な方
・コーヒーソムリエのみを取得したい方

オススメできない人

・勉強が苦手な方
・試験問題の傾向を把握したい方

目次に戻る

勉強が苦手な方は通信講座!得意な方は独学がおすすめ!

コーヒーソムリエ まとめ

コーヒーソムリエの勉強について紹介しましたが、勉強が苦手な方は「通信講座」、得意な方は「独学」がおすすめ。

資格だけでは働けませんが、コーヒーソムリエは知識を幅広く学べ、コーヒー関連の活用方法は多いです。

実際に資格を生かして、私は当ブログを運営しています!

コーヒー関連の活動をしていきたい方や、コーヒー好きな方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

\最短2カ月で取得可能/
/カフェオーナー経営士も同時取得\

コーヒーソムリエの活用方法や、メリット・デメリットについては下記の記事でまとめています。

楽しいコーヒーライフを、”もと”(@Cafemototen)でした!

目次に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました