スペシャルティコーヒーって何?コーヒーソムリエがコーヒーの品質レベルを徹底解説!

スペシャルティーコーヒー アイキャッチコーヒー知識

コーヒーソムリエの”もと”と申します!

コーヒーの広告などで「スペシャルティコーヒー」という言葉をよく見かけますが、

  • なんとなく良さそうなコーヒーくらいしか知らない…
  • スペシャルティコーヒーの基準は?
  • スペシャルティコーヒーって結局美味しいコーヒーなの?

そんな疑問を感じたことはありませんか?

スペシャルティコーヒーについて正しく理解していないと、コーヒーを購入する際に上質な豆を選ぶことはできません。

なぜならスペシャルティコーヒーとは、品質を表す区分の中で最上位に位置するものだからです!

コーヒーを愛して8年、コーヒーソムリエである私が「スペシャルティコーヒー」について解説していきます。

この記事ではコーヒーの品質区分、スペシャルティコーヒーの基準、おすすめのスペシャルティコーヒーを解説します。

この記事を読むとスペシャルティコーヒーについて正しく理解でき、高品質なコーヒーを味わうことができるようになります!

さっそく結論をお伝えしますと、

スペシャルティコーヒーとは、
明確な生産地で徹底管理された、高い品質のオリジナルな風味を持つ美味しいコーヒー」のことです。

それでは詳しく見ていきましょう!

スペシャルティコーヒーについて

コーヒー ハート

コーヒー業界には、スペシャルティコーヒーに共通基準を作るために「スペシャルティコーヒー協会」というものが存在します。

このスペシャルティコーヒー協会によるカッピング評価(味の審査)で認められたコーヒーがスペシャルティコーヒーと名乗れるようになります。

スペシャルティコーヒー協会が定義するスペシャルティコーヒーとは、「印象的な風味特性や明るい酸味特性があり消費者が美味しいと満足するコーヒー」となっています。

また、コーヒー豆の状態から飲むコーヒーになるまでの過程で、管理体制が徹底されていることが必須です。

以上をふまえて「スペシャルティコーヒー」とは、

明確な生産地で徹底管理された、高い品質のオリジナルな風味を持つ美味しいコーヒーということになります。

スペシャルティコーヒーとよくセットで使われる「Qグレードコーヒー」とは、カッピング評価で80点以上という高得点を出した、スペシャルティコーヒーの中でもさらに高品質なコーヒーのことです。

スペシャルティコーヒー協会によるカッピング評価

カッピング

スペシャルティコーヒーと認められるためには、カッピング評価(味の審査)で好成績を残さなければなりません。

どのような基準で評価しているのでしょうか?
評価基準である7つの項目について簡単に説明します。

1.カップクオリティのきれいさ

コーヒーの風味に汚れや欠点がないか。

2.甘さ

コーヒーを飲んだ際に感じる甘さの感覚、印象。

3.酸味の特徴評価

酸味の明るさ、さわかさがあるか。酸味の強さでなく、質を評価します。

4.口に含んだ質感

口に含んだときに感じる、濃さや重さ、舌触りなど。

5.風味特性、風味のプロフィール

最も重要な項目。味覚と嗅覚で感じるオリジナル性。

6.後味の印象

口に残るコーヒー感が甘いのか、嫌な感覚なのか。

7.バランス

とがっている風味がなく、調和がとれているか。

これだけの項目で認められなければ、スペシャルティコーヒーを名乗れないんですね…
厳しい世界です!

スペシャルティコーヒー以外の品質レベル

コーヒー豆

ではスペシャルティコーヒー以外のコーヒーには、どんな評価があるのでしょうか?

コーヒーにはスペシャルティコーヒーを頂点にした、4つの品質レベル(クオリティ区分)が存在します。

では、コーヒーの品質区分について上から順に紹介していきます。

プレミアムコーヒー

「プレミアムコーヒー」とは生産地、農園、品種が限定されたオリジナルな風味を持つ高い品質のコーヒーになります。

スペシャルティコーヒーとの違いは生産地が限定されていることです。

スペシャルティコーヒーがナンバーワンなのに対して、プレミアムコーヒーはオンリーワンということになります。

スペシャルティコーヒーほどではありませんが、高い品質のコーヒーであることは間違いありません。

コマーシャルコーヒー

生産地の格付けで流通する一般的な質の良いコーヒーになります。
コモディティコーヒー」とも呼ばれます。

スペシャルティコーヒー協会のカッピング評価を受けず、各生産地で評価した質の良いコーヒーのことです。

クオリティ区分の中でもっとも流通量が多いです。

ローグレードコーヒー

クオリティ区分の中でもっとも評価が低いコーヒーになります。

安価なレギュラーコーヒーやインスタントコーヒー、缶コーヒーによく使われます。

年々コーヒー質は上がってきているので、ローグレードコーヒーでも美味しいものは多くあります!

おすすめのスペシャルティコーヒー

コーヒー ハート

ここでは、個人的におすすめするスペシャルティコーヒーを紹介します。

購入する際の参考にしてください!

インドネシア・マンデリン

インドネシアのスマトラ島という場所で栽培されています。

強めの苦味に濃厚なコクと、マンゴーのような甘さの後味を楽しめます。

個人的に一番好きなスペシャルティコーヒーです!深煎りで淹れるのがおすすめ!

タンザニア・キリマンジャロ

タンザニアとケニアの国境付近にある山「キリマンジャロ」で栽培されているコーヒーになります。

酸味、甘味、コク、香りともに優れていて果実感をしっかり味わうことができます。

強い酸味を利用してブレンドにもよく使われるコーヒーです!

ジャマイカ・ブルーマウンテン

ジャマイカにある「ブルーマウンテン」山脈の限られた地域で栽培されているコーヒーです。

風味のバランスが良く、まろやかな甘さを感じる後味で飲みやすいコーヒーとなっています。

深煎りだと風味が落ちるので、中煎りくらいがおすすめです!

まとめ🐻

コーヒー豆

この記事で押さえておくべきポイントは、

スペシャルティコーヒーは、コーヒーの品質区分で最上位に位置するのもの。
スペシャルティコーヒーとは「明確な生産地で徹底管理された、高い品質のオリジナルな風味を持つ美味しいコーヒー」のこと。

厳しい審査を突破するために努力をしたコーヒー豆達だと思うと愛着が湧きませんか?
…湧きませんかね。

ぜひ一度コーヒーのエリート達を味わってみてはいかがでしょうか?

少しでも至高のコーヒータイムのお力になれれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
バイバーイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました