コーヒーに最適な砂糖とは?それぞれの砂糖が与えるコーヒーの変化を解説!

コーヒー 砂糖 アイキャッチコーヒー知識

こんにちは!コーヒーソムリエの”もと”です!

今回はコーヒーに入れる砂糖は、どんな砂糖が最適なの?というお話をしていきます。

  • コーヒーに1番合う砂糖が知りたい!
  • 砂糖の種類によってコーヒーの味って変わるの?
  • 砂糖ってコーヒーにどのくらい入れるのがいいの?

そんなことを考えた方にぜひ読んで頂きたいと思います。

砂糖の正しい使い方を知らないとせっかくのコーヒーの味を損ねてしまう場合があるので、砂糖について正しく理解をして美味しいコーヒーを楽しみましょう!

さっそく結論ですが、

コーヒーに最適なのは、「グラニュー糖」になります。

不純物がほとんどないため、コーヒーの味を損ねず甘さだけを足すことができるからです。

他の砂糖にもそれぞれ特徴があり、コーヒーの味を引き立たせてくれる砂糖もあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう!

砂糖の種類、特徴

砂糖

砂糖には多くの種類がありますが、それぞれの特徴とコーヒーに入れた時にどのような味の変化になるのか見ていきましょう。

グラニュー糖

ショ糖純度が高く不純物がほとんどないため、クセのない淡白な甘みが特徴です。

コーヒーに余計な風味を与えないため、コーヒーに最適な砂糖と言われています。

角砂糖はグラニュー糖を固めたものになるので、味はグラニュー糖と変わりません。
ただ、固まりの場合は溶けていくのに時間がかかるため、味の調整が効かないので注意が必要です!

上白糖

ご家庭にある一般的な砂糖になります。

グラニュー糖よりもやや甘さは強いです。

コーヒーに淹れても美味しく頂けますが、溶けずらくダマになりやすいので、味の調整が難しいという欠点があります。

コーヒーシュガー

コーヒーシュガーは氷砂糖にカラメルで色付けされたものが一般的です。

製品によって粒の大きさは変わりますが、固まりで溶けにくいため、ゆっくり溶かしながら味の変化を味わうことができます。

カラメルの香味がコーヒーに移るので、コーヒー本来の味を楽しみたい方は注意が必要です!

カソナード

カソナードは、精製する前の「粗糖」という種類でフランス原産のブラウンシュガーになります。

原料であるサトウキビの味が感じられるので、コーヒーの味は変化してしまいますが、相性の良い風味やコクを味わうことができます。

ガムシロップ

ガムシロップは、砂糖と水、アラビアガム(植物の樹脂)を一緒に煮て作ったものになります。

液状になっているため、アイスドリンクに使われていますね。

カフェや、喫茶店などでは手作りでガムシロップを作っているところも多いです。

黒糖、和三盆、はちみつ、メイプルシロップなど

基本的に上記のような個性が強い甘味料は、コーヒー本来の味を楽しむためには全く適さないと言われます。

しかし、コーヒーの種類によってはおもしろいフレーバーを生み出すこともあるので、アレンジコーヒーを作る際には、ぜひ使ってみるといいと思います。

お家でアレンジコーヒーを色々作ってみるのは楽しいですよ!
ぜひ試してみましょう!

コーヒーに入れる砂糖の量

コーヒー 砂糖

コーヒーにはどれくらい砂糖を入れればいいの?とよく聞かれますが、

自分の好みに合わせた量を入れてもらえば大丈夫です!

最初にブラックで一口飲み、味に確認してから砂糖で甘みを足していくと良いでしょう。

ただ、砂糖を入れた分だけコーヒー苦味というのは損なわれていくので、自分の好みな甘さを覚えておくといいと思います。

コーヒーに砂糖に入れることによる健康影響

砂糖瓶

コーヒーに砂糖を入れると、体に悪影響がでると耳にすることがあるので軽く触れておきます。

もちろんコーヒーに砂糖を入れた分だけ、摂取する糖質は増加します。

砂糖3g当たり約11Kcalという数字ですが、毎日入れて飲むとなると無視できない数字です。

またコーヒーには少なからずダイエット効果があることが分かっていますが、砂糖を入れればもちろん逆効果になってしまいます。

ダイエットという目線から見れば、やはり砂糖は控えたいところですね…

逆に良い効果もあります。

仕事などで疲労回復や集中力をアップさせたい時には、休憩時間などで砂糖を入れたコーヒーを飲むのがオススメです!

砂糖で脳のエネルギー源を補給して、カフェインの覚醒作用で脳を活性化させましょう!

まとめ🐻

コーヒー 角砂糖

コーヒーの目線から砂糖について解説しました。

今回押さえたいポイントは、

  • コーヒー本来の味を楽しむためには、グラニュー糖が最適。
  • 砂糖にはそれぞれ特徴があり、コーヒーの味にも変化を及ぼす。
  • コーヒーの種類によっては、おもろしいフレーバーを生む砂糖もある。

ぜひ自分好みのコーヒーと、砂糖の種類、量を見つけて美味しいコーヒーを飲んでもらえたらと思います!

少しでもコーヒーの魅力を知って頂けたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
バイバーイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました