コーヒーは「焙煎度」で味が変わる!焙煎度の分類と特徴を徹底解説!

コーヒー知識

こんにちは!コーヒーソムリエの”もと”です!

今回は、生のコーヒー豆をどれだけ加熱したかの度合いである「焙煎度」について解説していきます。

  • コーヒー豆の色の濃さが種類によってちがうのは何で?
  • コーヒーの焙煎度って重要なの?
  • 焙煎度によってコーヒーの味って変わるの?

そんな疑問を解決していきたいと思います!

コーヒーの「焙煎度」について理解をしていないと、コーヒーの味の幅を最大限に味わうことができません。
1つのコーヒー豆ごとに、1つの味しか楽しめない訳ではないのです。

「焙煎度」を正しく理解して、コーヒーの味の幅を最大限楽しみましょう!

結論からお伝えすると、

「焙煎度」は8段階ある。

焙煎度が浅いほど「酸味」が強く、
焙煎度が深いほど「苦味」が強くなります。

コーヒー豆には、それぞれ適した「焙煎度」が存在する。

ポイントを押さえた上で、焙煎度の分類と特徴を見ていきましょう!

焙煎度とは?

焙煎機

そもそも焙煎度とは?ということを説明します。

冒頭でもお話しましたが、生のコーヒー豆をどれだけ加熱したかの度合いが「焙煎度」になります。

焙煎のことを「煎る」、「ロースト」と言ったりします。

生のコーヒー豆は薄く緑がかったベージュのような色をしていますが、この焙煎をすることによって皆さんの知っているコーヒー豆の色になります。

この焙煎という工程を経ることで、コーヒーの芳ばしい風味や苦味が生まれます。

生のコーヒー豆には、クエン酸やリンゴ酸などが多く含まれ酸味が強くなっています。
そして、加熱が進むにつれて糖質のカラメル化が進み、カラメルが焦げて苦味が強くなっていくという形です。

焙煎度の種類と特徴

焙煎度 種類

日本では浅い焙煎度から、

「浅煎り」「中煎り」「中深煎り」「深煎り」

といった4段階の呼び方をします。

さらに細かくした度合いで、浅い焙煎度から

「ライトロースト」「シナモンロースト」「ミディアムロースト」

「ハイロースト」「シティロースト」「フルシティロースト」

「フレンチロースト」「イタリアンロースト」

といった8段階の呼び方も多く使われています。

焙煎度が浅いほど「酸味」が強く、焙煎度が深いほど「苦味」が強くなります。

それぞれの特徴も見ていきましょう。

ライトロースト(浅煎り)

1番浅い焙煎度で小麦色をしています。

酸味が強く、苦味やコク、香りはほとんどない状態です。

コーヒー豆の個性を見るテスト用に使われることが多い焙煎度になります。

シナモンロースト(浅煎り)

少し色がかかりシナモン色をしています。

苦味は少ししか感じることは出来ません。

香りが立ち始め、酸味のある良質な豆に適した焙煎度になります。

ミディアムロースト(中煎り)

この焙煎度から皆さんが目にするような栗色のコーヒー豆になっていきます。

まだ酸味が中心になりますが、苦味もでてきます。

口当たりが柔らかく、アメリカンコーヒーに向いている焙煎度です。

ハイロースト(中煎り)

やや深い中煎りで色は茶色になっています。

酸味と苦味のバランスがとれ、甘みも感じることができるでしょう。

日本で好まれるスタンダードな焙煎度になります!

シティロースト(中深煎り)

濃い茶色をしていて、ローストな香りがつよいです。

酸味は抑え気味になり、コクが感じられる様になります。

ハイロースト同様、日本で好まれている焙煎度となっています。

フルシティロースト(中深煎り)

この焙煎度から段々と色黒く変わっていきます。

酸味がほとんど感じられなくなり、しっかりとしたコクが出ます。

アイスコーヒーに向いている焙煎度になります。

フレンチロースト(深煎り)

黒っぽい茶色をしていて、表面に油脂分がにじんで豆にツヤが出てきます。

苦味とコクが強調されるようになります。

クリームやミルクとの相性がよく、カフェオレやウィンナーコーヒーに向く焙煎度です。

イタリアンロースト(深煎り)

1番深い焙煎度で色はほとんど黒に近いです。

苦味が強く、焦げた香味もでてきます。

日本では、アイスコーヒーやエスプレッソなど濃いコーヒーに使う事が多いです。

コーヒー豆によって適正な焙煎度は変わる

コーヒー袋

焙煎度が8段階あるからといって、1つのコーヒー豆に8種類の味が楽しめるという訳ではありません。

コーヒー豆にはそれぞれ個性があり、浅煎りで美味しく飲める豆や、深煎りで特徴が際立つ豆などがあります。

コーヒー豆の特徴を理解して、適正に近い焙煎度を選ぶことで美味しいコーヒーを飲むことができるという事です。

コーヒーショップなどで置いてあるコーヒー豆はすでに適した焙煎度になっています。

自分だけの好きなコーヒー豆での、好きな焙煎度を探してみるのも面白いですね!

オススメな焙煎度の具体例

コーヒー おすすめ

ブラジル(中煎り)

ブラジルは、苦味と酸味のバランスがよい豆になります。

苦味と酸味が両方感じられるハイロースト辺りがオススメです。

グァテマラ(中煎り)

グァテマラは、フルーティーな酸味が特徴的です。

酸味を強く感じられるミディアムロースト辺りがオススメです。

インドネシア(中深煎り)

インドネシアは、苦味とコクが特徴的な豆になります。

苦味がしっかりと感じることができるフルシティロースト辺りがオススメです。

具体的な銘柄になりますが、「ボリビア・アグロ・タケシ」では浅煎りがオススメだったりします!

まとめ

コーヒー豆

今回押さえておくべきポイントは、

  • 焙煎度は8段階あり、それぞれの味の出方が異なる。
  • 焙煎度が浅いほど「酸味」が強くなり、焙煎度が深いほど「苦味」が強くなっていく。
  • それぞれのコーヒー豆に適切な焙煎度が存在する。

いかがだったでしょうか?

焙煎度だけでも味の変化の幅はとても大きいです。

コーヒー豆を購入する際は、焙煎度を指定できるお店もあるので、一度焙煎度の指定をお願いしてみるといいと思います。

自分だけの好きなコーヒー豆、好きな焙煎度を見つけてみてはいかがでしょう?

焙煎度を理解して、コーヒーの味の幅を広げて頂けたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
バイバーイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました