コーヒーと相性のいい食べ物を見つけよう!フードペアリングの考え方について!

コーヒー知識

コーヒーソムリエの”もと”と申します!

ワイン業界ではよくフードペアリングという言葉を耳にしますが、

  • そもそもフードペアリングってなに?
  • コーヒーにもフードペアリングってあるの?
  • コーヒーと相性のいい食べ物は何がある?

そんな方々に向けての記事となっています。

コーヒーのフードペアリングについて理解をしていないと、食べ物とコーヒーを一緒に楽しむ際に味わいで損をしてしまいます。

なぜなら、数多くあるコーヒーにはそれぞれの味わいを増幅してくれる、相性の良い食べ合わせが存在するからです!

コーヒーソムリエである私がフードペアリングとは何か、フードペアリングの考え方、コーヒーと相性の良い食べ物について紹介していきます。

この記事を読むとコーヒーでのフードペアリングを実践できるようになり、ワンランク上のティータイムを楽しむことができます!

さっそく簡単な組み合わせを紹介します。

苦味が強いコーヒー
(例.マンデリン、エクアドル)
   ×
甘みの強いケーキ
(ショートケーキ、ロールケーキなど)
甘みの強い焼き菓子
(カステラ、バームクーヘンなど)

酸味が強いコーヒー
(例.グアテマラ、タンザニア)
   ×
フルーツを使ったケーキ
(いちごタルト、フルーツケーキなど)
甘みが軽い焼き菓子
(スコーン、シフォンケーキなど)

カフェオレ、カフェラテ
(ミルクが入っているコーヒー)
   ×
バターを多く使っている焼き菓子
(クッキー、マフィンなど)
乳製品を使ったお菓子
(キャラメル、生チョコなど)

なぜこのような組み合わせになるのか見ていきましょう!

フードペアリングとは?

フルーツ シリアル

そもそもフードペアリングとはどういった意味があるのでしょう?

「フードペアリング」という言葉は、相性の良い食材や飲み物の組み合わせという意味です。

お互いの味の魅力を引き立て、美味しさを増幅させるという考え方です。

コーヒーに限った話ではなく、紅茶や日本茶にもフードペアリングは存在します。

お酒とおつまみ、これはまさしくフードペアリングになりますね!

コーヒーにおけるフードペアリングの考え方

コーヒー ケーキ

甘いものと苦いコーヒーを一緒に食べて、甘くなった口をスッキリさせるという考え方が一般的かもしれませんが、それだけがフードペアリングではありません。

味わいを失くしてしまうのではなく、似たような味の方向性で食べ物とコーヒーを合わせて風味や旨みを増幅させるという考え方もあります。

例えば、牛乳を使っているカフェラテに乳製品であるキャラメルを合わせて、ミルク感を楽しむといった具合ですね。

また、コーヒーでのフードペアリングでおすすめしたいのが酸味」で味の方向性を合わせることです。

上質なコーヒーで知られる「スペシャルティーコーヒー」には、個性的な酸味を含んでいるものが多く、フルーツ系スイーツの酸味と相性バツグンです!

コーヒーだけでは分からないトロピカルなフレーバーをより感じることができますよ!

コーヒーのフードペアリングの味わい方

ケーキ

「フードペアリング」では味覚だけでなく、嗅覚でもを楽しむことができます。

実際にコーヒーでのフードペアリングを味わうための手順をみていきましょう!

最初に水を軽く飲んでおくと口の中をリセットできて、味をしっかり感じることができますよ。

  1. コーヒーの香りのみを味わう
  2. 食べ物の香りのみを味わう
  3. コーヒーだけを口に含み味わいを楽しむ
  4. コーヒーの味わいが残った状態で食べ物を口に含む
  5. 食べ物の味わいが残った状態で再度コーヒーを口に含む

これがフードペアリングを楽しむ手順になります。

味わいだけに集中することで、おいしさの増幅を感じることができます。

目を閉じて食べるのも、味覚に集中ができるのでおすすめです!

コーヒーにおけるフードペアリングの具体例

食べ物

フードペアリングに関する考え方が分かったところで、コーヒーに合う食べ物を見ていきましょう!

パン

牛乳やバターといったコーヒーと相性がいい材料が使われているため、どんなコーヒーとでも美味しく食べられます。

カスタード入った甘味が強いパンやバターが多く使われているパンには、深煎りの苦みとコクがあるコーヒーを合わせることで濃厚な後味を楽しむことができます。

フルーツが入っているパンや生地が軽い甘味が優しいパンには、浅煎りの酸味とキレがあるコーヒーを合わせることでフルーツの香りや甘味が際立ちます。

ミルクが入っているコーヒーと合わせるのもいいですね!

スイーツ

焼き菓子やケーキなどたくさんのスイーツがありますが、牛乳やバターといったコーヒーと相性がいい材料が使われている場合が多いので、もちろんコーヒーと合います。

和菓子など甘味の強いものも最後まで美味しく食べることができます。

甘さをコーヒーの苦味でスッキリさせるも良し、似た味わいでそろえて風味や旨味を増幅させるも良しです。

フルーツ

なかなかフルーツ単体でコーヒーと楽しむことはないかと思いますが、酸味の強いコーヒーとは相性がいいです。

スペシャルティーコーヒーのような個性的な酸味のあるコーヒーと合わせて、フルーティーさ際立たせたいですね!

ドライフルーツと合わせると甘味も加わるのでおすすめです!

チーズ

クセの強いチーズの味わいには、酸味の強いコーヒーで口をスッキリさせることで美味しく食べることができます。

油脂分が強いチーズと合わせる場合、ペーパードリップでコーヒーオイルを取り除いたキレのあるコーヒーと一緒に味わうのがおすすめです。

ゴルゴンゾーラなんかも美味しく食べられますよ!

肉料理

油分や塩味が強い肉料理もコーヒーと非常に良く合います。

苦味の強いコーヒーで肉料理の油分と合わせたコクを楽しんだり、酸味の強いコーヒーで塩味をよりクリアに感じるも良しです。

ジャンクフードのお店にも必ずコーヒーはありますよね!

魚料理

意外かもしれませんが、魚料理もコーヒーと良く合います。

酸味の強いコーヒーは魚独特の青臭さを消してくれます。

また、ムニエルなどではバターを使っているため、深煎りのコーヒーと合わせると奥深いコクが味わえます。

フードペアリングでコーヒーの楽しみ方を広げよう!

コーヒー ペアリング

いかがだったでしょうか?
中々に奥深いフードペアリングの解説でした。

この記事で押さえておきたいポイントは、

  • 「フードペアリング」とは、食材と飲み物の食べ合わせで味の魅力を引き立て美味しさを増幅させる考え方。
  • コーヒーの苦味、酸味で食材の味わいをクリアにさせる合わせ方がある。
  • 食材とコーヒーを似たような味わいでそろえて旨み、風味を増幅させる合わせ方がある。

飲み物で後味をスッキリさせることは多いかと思いますが、似たような味わいでそろえて食べ物や飲み物を選ぶことは少ないはずです。

ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょう?

きっと新たなコーヒーの楽しみ方を見つけることができると思います。

コーヒーだけの話ではないので、ぜひ自分だけのフードペアリングを見つけて美味しいティータイムを過ごして頂ければ嬉しいです!

マイブームは苦味の強いコーヒーと、カカオ72%チョコとのペアリングです!
カフェインの取り過ぎ注意!!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました